Skip to content


原子力教育 危険性教えなければ洗脳だ via 琉球新報

2011年9月25日  このエントリーを含む delicious Yahoo!ブックマークに登録

政府のやることがますます信用できなくなってきた。福島第1原発事故の発生前、文部科学省と経済産業省が小中学生向けに作製したエネルギー副読本に、原子力発電所の安全性が誇大に記述されていたからだ。
小学生用の副読本「わくわく原子力ランド」、中学生用の副読本「チャレンジ!原子力ワールド」は「事故が起きないように、また起こったとしても人体や環境 に悪影響をおよぼさないよう、何重にも対策が取られています」、「大きな地震や津波にも耐えられるよう設計されている」などと強調している。原発は生命を も脅かす危険な施設であり、安全性を疑問視する専門家が少なからず存在することには全く触れていない。
内容の不適切さは福島原発事故の経過を見れば明らかだ。誇張と虚飾に満ちていると言っても過言ではない。原発推進の国策を円滑に遂行するため、児童・生徒を洗脳する狙いが透けて見える。

続きは原子力教育 危険性教えなければ洗脳だ

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.