Skip to content


ヒマワリやっぱり除染効果薄、農水省発表 via Alterna

農水省は14日、東電原発事故によって放射能汚染された福島県飯舘村や川俣町の農地で行っていた土壌除染実験の結果を発表した。表土の削り取りは土 壌中の放射性セシウムが7割以上減少する効果が認められたが、一部で期待されていたヒマワリはセシウムの吸収率が0.05%程度にとどまり、効果は薄いと 判断した。

実験は日本原子力研究開発機構や福島県農業総合センターなどと合同で5月から実施。表土は4センチの削り取りで放射性セシウムが75%、薬剤で固めた土をはがすと82%、牧草や草ごと3センチ削り取ると97%減少した。

続きはヒマワリやっぱり除染効果薄、農水省発表

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.