Skip to content


原発6基分の潜在力「浸透圧発電」とは via 日経ビジネスonline

海水と淡水を使った実証実験に成功

2011年9月13日(火)

「仮に、日本中の海水と淡水が混ざり合う場所すべてにこの発電装置を設置したとすれば、原子力発電所5、6基分の電力量に相当する500万~600万キロワットをまかなえる」

こう試算するのは、東京工業大学の谷岡明彦教授だ。

現在、谷岡教授らが、水処理プラントメーカーの協和機電工業、長崎大学と共同で取り組んでいるのが、「浸透圧発電」プロジェクトである。

「濃縮海水」と「下水処理水」で実験

水は通すが塩分は通さない「半透膜」で真水と塩水を仕切ると、濃度の高い塩水側に真水が移動する。この時に発生する水圧を「浸透圧」と言う。

そして、この水圧を使って水流を発生させ、タービンを回すことで発電しようというのが、浸透圧発電である。

続きは原発6基分の潜在力「浸透圧発電」とは

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.