Skip to content


「東大の先生は買収されている」via 週刊現代

根岸英一(パーデュー大学特別教授)
スクープインタビュー
2010年ノーベル化学賞 根岸英一教授

週刊現代 2011年5月21日号)

原発を推進してきた科学者はフクシマの惨劇をどう考えているのだろうか。彼らはどこで間違えたのか。昨年、ノーベル賞を受賞、この国に栄誉をもたらした根岸教授は言いにくいことをズパリと言った。

原発は止めるべきです

「原発に頼ることを、この先はやめるべきです」
講演のために訪れたというアトランタのホテルのロビーで、2010年にノーベル化学賞を受賞したパデュー大学特別教授の根岸英一氏(75歳)は、静かに語り出した。


「いったん、福島第一原発のような事故が起きてしまうと、そう簡単には解決できません。また放射性物質漏れのようなことがあった場合に私たちがしなければ ならない心配事が多すぎます。しかも原発がある限りそれから逃れることができない。それだけ人を悩ませる原発に頼るのはおかしいでしょう。

電力不足になってしまうから、すぐにはできませんが、原発は止めなければなりません。たしかにフランスのようにエネルギー源の約8割を原発によって確保し ている国もありますが、日本とは環境が違います。フランスではめったに地震が起こらない。日仏両国を同じレベルで考えることはできないのです。

いまより原発を増やすことは絶対に反対します。結果的に何十年かかるかわかりませんが、原発は減らしていくべきでしょう」

続きは「東大の先生は買収されている」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.