Skip to content


【主要企業アンケート】原発政策「評価する」わずか1% 電力供給早期安定化を望む via Sankei Biz

産経新聞社が実施した主要企業アンケートでは、福島第1原子力発電所事故後の政府の原発政策への厳しい見方が示され た。優先すべき政策課題でも、電力供給の安定化を望む声が強く、エネルギー問題に対する不満の声が上がった。景気回復に関しては、「23年内」と「24年 以降」がほぼ均衡した。■    ■

原発政策をめぐっ ては菅直人首相が5月、法的根拠がないまま、「中部電力に浜岡原発の全面停止を要請した」と突然表明。その後も、海江田万里経済産業相が、定期検査で停止 中の原発の再稼働を自治体に働きかけていた段階で、全原発を対象にしたストレステスト(耐性検査)の実施が発表されるなど、混乱が続いている。

こうした政府による一連の対応について、「評価しない」(35%)、「どちらかといえば評価しない」(24%)が計59%に上った。「評価する」はわずか1%。

続きは【主要企業アンケート】原発政策「評価する」わずか1% 電力供給早期安定化を望む

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    主要企業の誰がアンケートに答えたのか分からない。答えは広報が作成しているのだろうか。まるで「企業」という一体の主体があるようで不気味。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.