Skip to content


北海道電泊原発3号機、営業運転に移行 震災後で初 via 日本経済新聞

2011/8/17 19:31

北海道電力は17日午後、泊原子力発電所3号機(北海道泊村)について、定期検査の最終段階の試運転にあたる調整運転から営業運転に移行 した。北海道の高橋はるみ知事が同日、海江田万里経済産業相に容認の意向を伝え、経産省原子力安全・保安院が北電に検査終了証を交付した。東日本大震災後 に定期検査中の原発が営業運転を再開するのは初めて。

原子力安全・保安院から泊原発3号機の定期検査終了証を受け取る北海道電力東京支社長(左、17日午後、経産省)

泊3号機は1月に定期検査入りし、大震災発生前の3月7日に調整運転を始めた。東京電力福島第1原発の事故が起こったため、通常1カ月程度の調整運転を5カ月以上続けていた。既にフル稼働で送電をしており、営業運転に移行しても電力供給量は変わらない。

続きは北海道電泊原発3号機、営業運転に移行 震災後で初

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

Continuing the Discussion

  1. The Atomic Age » First Japanese reactor restarts via World Nuclear News linked to this post on 2011/08/17

    [...] ・北海道電泊原発3号機、営業運転に移行 震災後で初 via 日本経済新聞 [...]



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.