Skip to content


中学理科教科書:来春から「放射線」復活 指導に悩む教師 via mainichi jp.

来年度から中学校で使われる教科書に、30年ぶりに「放射線」についての記述が盛り込まれることになり、担当教員が指導に頭を悩ませている。東京電 力福島第1原発の事故では、放射性物質の汚染への対応を巡って差が生じたり、原発との向き合い方も意見が分かれている状況。放射線について教えた経験がな い教員も多く、「生徒からの質問に的確に答えられないのでは」と不安も広がっている。中学の教科書には、80年度まで放射線に関する記述があった。その後、指導内容の厳選で記述が消え、08年に改定された学習指導要領で復活が決 定。エネルギー資源についての学習の中で原子力にも触れ「放射線の性質と利用にも触れること」と明記された。来春から使われる中学3年の教科書には、放射 線が医療や物体内部の検査に活用されていることや原発の仕組みなどが盛り込まれることになった。

続きは中学理科教科書:来春から「放射線」復活 指導に悩む教師

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.