Skip to content


福島第1原発の放射性物質、中国海域に流入の可能性―中国国家海洋局 via レコードチャイナ

2011年8月12日、中国国家海洋局は西太平洋の一部海域で中国海域の300倍の放射性物質が検出されたとの調査結果を受け、「汚染海域の範囲が日本側の発表を超えている。放射性物質が中国海域にすでに流入している可能性も排除できない」との見解を発表した。15日付で人民日報(電子版)が伝えた。

調査が行われた場所は福島から東に25.2万平方キロメートルの公海海域で、今回発表されたのは一部の海水サンプルの最初の分析結果。それによる と、サンプルのすべてからセシウム137とストロンチウム90、それに通常海水からは検出されないセシウム134が検出された。うち、セシウム137とス トロンチウム90の値が最も高く、中国海域のそれぞれ300倍と10倍を超えていた。

続きは福島第1原発の放射性物質、中国海域に流入の可能性―中国国家海洋局

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.