Skip to content


日本原子力学会長、推進の立場から離れる via Yomiuri Online

今年6月に日本原子力学会の会長に就任した田中知さとる・東京大学教授(61)(原子力工学)が12日、東京都内で記者会見し、「原子力推進という立場から離れ、国民が判断できる情報を提示していく」との方針を明らかにした。

今後、学会として、国民に向けて、原子力の長所と短所を改めて整理、公表するとしている。

同学会の会員は現在約7000人。原子力研究者だけでなく、電力会社や原子炉メーカーの社員も多い。こうした「原子力ムラ」については、「自らが作った壁の中で考えるのではなく、社会や他分野の専門家の声にも耳を傾けなければならない」と語った。

日本原子力学会長、推進の立場から離れる

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.