Skip to content


社説 事故の教訓胸に核廃絶へ新たな誓いを via 日本経済新聞

66回目の広島「原爆の日」がめぐってきた。犠牲者を悼み、核兵器廃絶に向けた誓いを新たにしたい。

今年は東日本大震災で福島第1原発が深刻な事故を引き起こし、放射能被害が広がる中でこの日を迎えた。原子力とどう向き合っていけばいいのか。ヒロシマ、ナガサキに加え、「フクシマ」の教訓を世界に伝えていく責務を、私たちは負った。

唯一の被爆国として、日本は戦後一貫して核兵器廃絶を訴えてきた。平和を希求する姿勢は国際社会で信頼を得ており、核軍縮にも一定の役割を果たしてきた。

続きは 社説 事故の教訓胸に核廃絶へ新たな誓いを

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.