Skip to content


脱原発こそ国家永続の道 via 西尾幹二のインターネット目録

『WiLL』7月号より

目に浮かぶ業苦の光景

今でも毎日のようにテレビに映る被災地の情景、木材と瓦礫と泥土に埋まった車、家、船の信じられないシーンにも、最近は少しずつ慣れてきた。そして、ふと、このなかに欠けているものがあることに気がついた。肝心かなめのものが写し出されていない。遺体だ。

一度だけ、中国の新聞に出た被災地の写真をネットで目にしたことがある。民家の階段に両手を開いてあお向けに倒れている男性の遺体だった。もう一枚は、瓦礫のなかに投げ出された泥土のついたままの昭和天皇のお写真だった。どちらも、日本ではめったに写し出されることのない映像である。

続きは 脱原発こそ国家永続の道(1)

脱原発こそ国家永続の道(2)

脱原発こそ国家永続の道(3)

関連エントリ

脱原発こそ国家永続の道について

脱原発こそ国家永続の道について(2)

脱原発めぐり揺れる保守論壇

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.