Skip to content


福島第一 毎時1万ミリシーベルト超 検出 via 東京新聞

東京電力は一日、福島第一原発で、毎時一万ミリシーベルトの放射線を発する地点が見つかったと発表した。検出されたのは、1、2号機の原子炉建屋の 間にある主排気筒につながる非常用の配管の表面で、これまでに同原発内で検出された中で最高の線量。七〇〇〇ミリシーベルトを全身に浴びると100%死亡 する。東電は、事故発生直後の三月十二日に行った1号機の格納容器から排気(ベント)した際、放射性物質が付着した可能性が高いとみている。東電は七月三十一日に排気筒周りのがれきの撤去を終え、放射線量がどれほど下がったかを確認するため、1、2号機の間にある配管の根元をガンマカメラと呼ばれる特殊なカメラで撮影。

続きは福島第一 毎時1万ミリシーベルト超 検出

◇ 英文記事:

Radiation levels spike at Fukushima via ABC News

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


2 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

Continuing the Discussion

  1. The Atomic Age » Radiation levels spike at Fukushima via ABC News linked to this post on 2011/08/01

    [...] ・福島第一 毎時1万ミリシーベルト超 検出 via 東京新聞 [...]

  2. The Atomic Age » Fatal Radiation Level Found at Japanese Plant via The New York Times linked to this post on 2011/08/02

    [...] ・福島第一 毎時1万ミリシーベルト超 検出 via 東京新聞 [...]



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.