Skip to content


福島第1原発:高線量被ばくの作業員は2160人 via Mainichi jp

2011年7月27日 21時12分

東京電力福島第1原発事故の収束作業にあたる作業員について、東電と原子炉メーカー2社が3月下旬、事故収束までの高線量被ばく者の数を試算し、 経済産業省原子力安全・保安院に報告していたことがわかった。試算によると、50ミリシーベルト以上被ばくした作業員は計約2160人だった。

保安院と東電によると、50ミリシーベルト以上100ミリシーベルト未満が約1680人、100ミリシーベルト以上は約480人と試算した。「経 産省によると50ミリ超は約1600人」とする厚生労働省の内部文書が明らかになり、保安院などが27日の記者会見で試算結果を発表。当時公表しなかった 理由について、保安院の森山善範原子力災害対策監は「個別の企業情報が含まれているため」などと述べた。

続きは福島第1原発:高線量被ばくの作業員は2160人

◇ 当サイト既出関連記事:

福島第1原発:被ばく50ミリ超1600人 経産省が試算 via Mainichi jp

Document suggests government estimated 1,600 workers exposed to radiation via Mainichi Daily News

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.