Skip to content


ブリから放射性物質検出 大型魚が早期汚染してるのは不気味 via NEWSポストセブン

本誌・女性セブンは、7月上旬に海産物の放射性物質の検出調査を行ったが、実際に検出された海産物は、100品中28品にのぼり、3割という高確率 で汚染が見つかった。そのうち最も濃度が高かった5品は、1位「かわはぎ干もの」、2位「ぶり」、3位「いか」、4位「あじ」、5位「かれい」となった。

千葉・九十九里町内の商店で購入したかわはぎの干ものが217ベクレル/kgと突出しているが、これには理由があるという。

「干物は乾燥させるため水分が減少し、重量に対して放射性物質の比率が高くなります。今回の高い数値もその影響と考えられます」(食環境科学が専門の美作大学教授・山口英昌さん)

続きはブリから放射性物質検出 大型魚が早期汚染してるのは不気味

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    「噂の真相」の元デスク神林広恵さんのこの件についてのコメント。「事故以降、「魚介類には放射能は貯蓄しない」という大ウソを吐き続けてきた政府。魚介類の検査を各県に任せるという農水省。実際にはすべての魚介を検査するのは無理、という自治体。にもかかわらず「食べて応援しよう」とキャンペーンを張る農水省。」(出典:http://www.cyzowoman.com/2011/07/post_3918.html)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.