Skip to content


寿命は何年?原発54機すすむ高齢化 via msn産経ニュース

いまだ事故が収束しない東京電力福島第1原子力発電所1~4号機は、いずれも運転開始から30年以上がたつ「高経年化」した原発だった。日本にある 商業用の原発54基のうち、高経年化した原発は19基あり、うち8基が福井県に立地している。今後も“高齢化”が進んでいく原発に課題はないのだろうか。 原子力安全・保安院などへの取材をもとに、Q&A形式でまとめた。Qそもそも、原発の寿命は何年なんだろう

A寿命は「な い」というのが、国や電力会社の立場だ。定期検査で性能を確認し、部品などを最新のものに交換すれば、半永久的に維持できるためという。ただ、維持費がか かりすぎて廃炉にするケースもあり、過去に3基が30~33年間で運転を終えた。その意味で寿命は「ある」といえる。

Q30年という数字を聞いたことがあるけれど

A確かに、1970年代に造られた原発は当初、30年が目安だった。それが実質40年に延長されたのは平成11年。30年を超えても、電力会社が10年程 度の「長期保全計画」を定めて、国に「適切」と評価されれば運転できるようになった。さらに平成17年には、運転期間を60年と仮定することが妥当、と国 が考えるようになった。

Q「高経年化」した原発って、何のこと?

A運転開始から30年を超えた原発のことを、そう呼んでいる。「老朽化」という言葉は「劣化した」という意味も含まれるため、あえて使われていない。

Q福島第1原発も、高経年化していたんだよね?

続きは寿命は何年?原発54機すすむ高齢化

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.