Skip to content


福島第1原発:復旧作業への暴力団関与排除 協議会設置へ via Mainichi jp

東京電力は19日、福島第1原発の復旧工事に絡む暴力団の関与を排除するため、警察庁の助言に基づき「暴力団等排除対策協議会」を22日に設立す ると発表した。東電は「工事が大規模化し、多くの企業がかかわるようになったため、暴力団が入り込まないようにする必要がある」と説明した。

協議会は東電と復旧作業に携わる建設会社など元請け企業23社で構成。警察庁や福島県暴力追放運動推進センターなどの関連機関が顧問を務め、暴力 団排除のための情報交換や啓発活動に取り組む。また、復旧工事の協力企業には、反社会的勢力と関係がないことを宣誓する文書(表明確約書)の提出を求め る。【比嘉洋】

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    これは逆に言うと、今までは暴力団関係者を入れていた、というか、頼っていた、ってことですよね。特に原発での人集めの為?阪神大震災の時でもそうでしたが、こういう災害時の暴力団関係者の動きが地元民に感謝されることもあったりして、一筋縄ではいかないところがある。今までの被災地における暴力団の動き(と、東電との関係)が知りたい。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.