Skip to content


著者が語る隠された福島原発事故の恐怖 via ゲンダイネット

2011年7月12日 掲載

復刊した問題のルポ「闇に消される原発被曝者」

●作業をしているのはロボットじゃない
福島原発の事故以来、現場作業で被曝(ひばく)した労働者は何十人何百人に上るのか?
東電は「特例上限の250ミリシーベルトを超えたのは6人だけ」と発表しているが、本当のところは誰にも分からない。いくらでも隠し事やゴマカシのきく世界が原発労働者なのである。
世間から隔離され、隠されてきた原発労働者の実態を37年間追いかけてきたルポルタージュ問題作が復刊された。「闇に消される原発被曝者」(八月書館)だ。写真家の樋口健二氏が嫌がらせや妨害の中、体当たりで原発内部と被曝者に直接取材してきたものである。

続きは著者が語る隠された福島原発事故の恐怖

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.