Skip to content


福島第1原発:汚染水浄化システムが半日停止 薬液漏れで via Mainichi jp

薬液が漏えいした、汚染水浄化装置の薬剤注入ライン=東京電力提供 

薬液が漏えいした、汚染水浄化装置の薬剤注入ライン=東京電力提供

薬液が漏えいし、新しい部品に交換された継ぎ手部分=2011年7月10日午後2時半ごろ、東京電力提供

薬液が漏えいし、新しい部品に交換された継ぎ手部分=2011年7月10日午後2時半ごろ、東京電力提供

東京電力は10日、福島第1原発の汚染水浄化システムで薬液が漏れ、半日にわたって汚染水の処理を停止したと発表した。放射性物質を沈殿させる薬 液を入れるホースと、汚染水が通る配管をつなぐ塩化ビニール製の継ぎ手が割れたのが原因。1~3号機の原子炉への注水は貯蔵タンクの処理水を使い続けた が、事故収束の鍵を握る浄化システムは不安定な状態が続いている。

続きは福島第1原発:汚染水浄化システムが半日停止 薬液漏れで

その他汚染水関連情報:クローズアップ2011:福島第1、浄化装置稼働へ 出口なき汚染水処理

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.