Skip to content


原発事故調:200~300人聴取へ 検証対象65項目 via Mainichi jp

東京電力福島第1原発事故の原因究明などを担う政府の「事故調査・検証委員会」の第2回会合が8日、東京都内で開かれた。調査・検証対象として、水 素爆発や炉心溶融といった深刻な事故に至った実態解明など65項目を確認。事故関係者延べ200~300人を聴取し、調査対象者が合理的な理由がないにも かかわらず資料や情報の提供に応じない場合、調査対象者の非協力的な対応について公表する方針を決めた。調査・検証作業は、「社会システム等検証」「事故原因等調査」「被害拡大防止対策等検証」の3チームが実施する。社会検証チームは、東日本大震災 以前に作られた東電や経済産業省原子力安全・保安院などの津波対策やシビアアクシデント(過酷事故)対策など社会的な要因と事故の因果関係などを明らかに していく。原因調査チームは事故の技術的な原因究明だけでなく、事故につながった関係組織の意思決定過程などの解明を目指す。被害拡大防止チームは、事故 発生後の避難措置などが適切だったかなどを検証していく。

事故関係者への聴取は、検察庁など各省庁から集められた事務局職員が原則非公開で行い、必要な部分を委員会に報告。希望すれば写しを見せるなど委員が聴取内容を確認できるようにした。【奥山智己、岡田英】

続きは原発事故調:200~300人聴取へ 検証対象65項目

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    この調査がどういう目的で、どのように今後使われるのでしょうか。。。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.