Skip to content


節電でうちわ注文急増 香川・丸亀、骨が不足 via 47NEWS

うちわ製造の国内シェア9割とされる香川県丸亀市で、うちわ生産のピークが続いている。福島第1原発事故による全国的な節電志向で注文が殺到し、業者は休日を返上。プラスチック製の「骨」の生産が追いつかず、新規受注に対応できないケースも出ている。

 「香川県団扇商工業協同組合」によると、例年なら1日に計約3万本を製造するが、今年は2割ほど受注が増えた。通常のピークは6~7月中旬だが、今年は5月から本格的な生産が始まった。

 各業者は組合で共有する工場の機械を休日に稼働したり、稼働時間を延長したりして対応。男性職員は「いつもは夕方には作業を終えているんだけど…」と戸惑いの表情だった。

節電でうちわ注文急増 香川・丸亀、骨が不足

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.