Skip to content


経済の死角 本誌が独自調査 日本全国隠された「放射能汚染」地域 全国民必携これが本当の数値だ via 週刊現代

九州・佐賀でもセシウム検出

 福島第一原発から離れること1100km-。

 佐賀県唐津市は名勝・虹の松原や唐津焼などで知られる、県下第2の都市だ。九州の北西突端に位置し、玄界灘に面する。

 農漁業も盛んなこの景勝地に衝撃が走ったのは、6月13日のことだった。「市内で採取した松葉から放射性物質を検出」—そう発表されたからだ。

 検出されたのは放射性セシウム134が1kgあたり0・2ベクレル、137が同0・25ベクレル。同市に住む主婦(42歳)が語る。

続きは経済の死角 本誌が独自調査 日本全国隠された「放射能汚染」地域 全国民必携これが本当の数値だ via 週刊現代

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    これは、広く読んでもらいたい情報です。県境を越えているのだから、近隣の韓国、北朝鮮、中国、ロシアなどへの影響も絶対ある筈ですし(もちろん、小出先生のおっしゃるように、影響は世界中なのですが)。

    話は少し変わりますが、今回の原発事故で、今まで読もうとも思わなかった、このテのオヤジ週刊誌、あるいは、ゴシップ記事ばかりと思っていた女性週刊誌が、新聞には載らないような、突っ込んだ記事を載せていることに、感激すると共に、自分の今までの偏見を反省してもいます。(でも、自社記者ではなく、フリーのライターさんを多く使える媒体だから出来るのかも、と思うと、またそこに格差を見てがっかりしたり。)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.