Skip to content


上関原発建設計画:中止求め議会意見書案 交付金対象市町でも動き /山口 via 毎日jp

上関町の上関原発着工後に電源立地地域対策交付金の対象となる市町議会で、建設計画中止を求める意見書案の提出を目指す動きが活発化している。交付金対象外の周南市議会が先月末に全会一致で意見書を採択しているが、交付金対象の市町議会で採択されるかどうかは不透明だ。

平生町議会(定数12)は、反原発派の2議員が1日、国や県、中国電力に計画中止を求める意見書案を福田洋明議長に提出した。3日の議会運営委員会で取り扱いを協議する。

この日、4月に当選した議員の構成を決める臨時議会があり、渕上正博=共産、松本武士=無所属=の両議員が、再任された福田議長に提出した。2議員は文言の修正には応じられないとしている。議員の間には、「全会一致でないと意味がない」「他町の政策へ口出しすべきでない」との意見もあり、採択の見通しは立っていない。同町に配分されている交付金は21億5607万円。

意見書案では、平生町は全域が建設予定地から20キロ圏内にあり、事故があれば、多大な被害を被るとして、原発建設計画の中止▽新安全基準を作り、現存原発の総点検▽原発の新増設の凍結▽自然再生エネルギーへの転換を求めている。

上関原発建設計画:中止求め議会意見書案 交付金対象市町でも動き

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.