Skip to content


『「ベラルーシの子を道内に」保養受け入れ活動休止 福島対象に転換 札幌のNPO 原発事故受け』 via 北海道新聞

 26日で発生から25年を迎えたチェルノブイリ原発事故の影響が残るベラルーシ共和国の子どもを、道内で保養させる活動を19年間続けてきた札幌のNPO法人「チェルノブイリへのかけはし」(野呂美加代表)が、今年から保養受け入れを当分休止する。東京電力福島第1原発の事故により、ベラルーシの人たちが日本滞在に不安を抱く可能性が高いため。代わって、福島県の子どもを道内に招く新たな活動を始める。

<北海道新聞4月26日夕刊掲載>

『「ベラルーシの子を道内に」保養受け入れ活動休止 福島対象に転換 札幌のNPO 原発事故受け』

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.