Skip to content


『東北のニュース/避難所の9割カロリー不足 宮城県調査 大規模ほど低栄養』 via 河北新報

 宮城県内の避難所で提供される食事の栄養量を県が調べ、避難所の9割でカロリー不足、7〜8割でタンパク質とビタミンが欠乏していることが25日、分かった。被災者の栄養不足が裏付けられ、改善が急務となっている。

続きは『東北のニュース/避難所の9割カロリー不足 宮城県調査 大規模ほど低栄養』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.