Skip to content


『歴代原発推進学者が自己批判・謝罪。事態の深刻さも強調』 via Finance GreenWatch

東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちが原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った。

 「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝する」との謝罪を前面に掲げた提言の内容は政府や東電の発表よりも今回の事故を深刻に受け止めており、緊迫感が伝わってくる。

続きは『歴代原発推進学者が自己批判・謝罪。事態の深刻さも強調』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. 匿名 says

    文部省、文部科学省、あるいはその亜流は今後、
    いっさい「教科書検定」で、

        福島第一原発事故は人災

    の旨記載の教科書に、修正意見を出すな!



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.