Skip to content


『「東電に裏切られた」 最悪の事態に県民悲痛』 via 福島民友ニュース

 「福島のイメージダウンにならないか心配だ」。福島第1原発の事故の評価が、チェルノブイリ原発事故に並ぶ最悪の「レベル7」に引き上げられることになった12日、県民の間には大きな衝撃が走った。原発周辺地域の避難住民からは「『安全だ』と言い続けてきた東電に裏切られた」「もう地元には帰れないかも」との強い憤りや不満が噴出。観光関係者らからも影響を心配する悲痛な声が上がった。

続きは『「東電に裏切られた」 最悪の事態に県民悲痛』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.