Skip to content


『安定化まで6〜9カ月=爆発防止、高濃度汚染水が課題−福島原発事故、東電が工程表』 via 時事ドットコム

 東京電力は17日、福島第1原発事故の収束に向けた作業を2段階で行う工程表を発表した。原子炉と使用済み核燃料プールを安定的に冷却し、放射線量が着実に減少傾向となる「ステップ1」を今後3カ月程度で実現。その後3〜6カ月をかけ、放射性物質の放出が管理され、線量が大幅に抑制される「ステップ2」を達成する方針。

続きは『安定化まで6〜9カ月=爆発防止、高濃度汚染水が課題−福島原発事故、東電が工程表』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.