Skip to content


『【主張】福島レベル7 「最悪」評価はおかしい チェルノブイリとは全く違う』 via MSN産経ニュース(社説)

 福島第1原子力発電所の事故に対する国際評価尺度(INES)が、急遽(きゅうきょ)「深刻な事故」とされる「レベル7」に引き上げられた。経済産業省の原子力安全・保安院が、内閣府の原子力安全委員会の見解などを踏まえて発表した。暫定評価とはいえ、レベル7の意味は非常に重い。

 INESの基準で最も重いレベルに相当するだけでなく、25年前に起きた史上最悪のチェルノブイリ原発事故とも並ぶからだ。日本政府の発表によって、世界の抱く福島事故の印象は、チェルノブイリ事故と完全に二重写しになって焼き付いてしまう。

『【主張】福島レベル7 「最悪」評価はおかしい チェルノブイリとは全く違う』

その他産経記事
『【福島原発「レベル7」】ロシア専門家は、引き上げに「行き過ぎ」「レベル4にも届かない」批判』
『【福島原発「レベル7」】「チェルノブイリと違う」 レベル7に東電副社長反論』
『【福島原発「レベル7」】IAEA、福島とチェルノブイリ「完全に別物」と強調』

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.