Skip to content


『1号機の塩素38を問う「意図しない再臨界が起こっているのか」:ダルノキ-ベレス論文の和訳』 on Peace Philosophy Centre

先日当サイトで紹介し、解説文の翻訳を掲載した、モントレー国際大学院不拡散研究所のフェレンス・ダルノキ-ベレス博士による、福島第一の1号機での再臨界の可能性を問う論文は大変な反響で、日本の専門家も、これをきっかけに再臨界の議論を本格的にし始めた人もいるようです。専門家間の議論を促すためにも本論文の翻訳を、寺尾光身さん(Translators United for Peace、元名古屋工業大学教授) にしていただき、先日紹介したIEER(エネルギー環境研究所)のアージュン・マキジャーニ博士の解説文も含めて、完全版を提供します(下記リンクをクリックしてください)。

続きは『1号機の塩素38を問う「意図しない再臨界が起こっているのか」:ダルノキ-ベレス論文の和訳』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.