Skip to content


『政府被ばく基準増 原発作業員が拒否』 via 日刊スポーツ

 高い放射線量下で電源復旧などにあたる福島第1原発の作業員が、2・5倍の被ばく線量上限アップを拒否していることが9日、明らかになった。厚生労働省が同原発の事故発生後に急きょ限度を250ミリシーベルトに引き上げたことについて、作業員を派遣する企業の多くが「現場が納得しない」などと反発。現在も従来基準の100ミリシーベルトを適用していることが、共同通信の取材で分かった。交代要員を含めて1000人を超える作業員は、大量被ばくの恐怖と闘いながら過酷な作業に従事している。

続きは『政府被ばく基準増 原発作業員が拒否』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. Masaki C. Matsumoto says

    この記事のタイトルはミスリーディングですね。「作業員」が拒否しているのではなく、「作業員を派遣する企業の多く」と書いてある。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.