Skip to content


『核被爆の現状 原発労働者の被曝死 チェルノブイリ汚染の現状』 on ノーニュークス・アジアフォーラム

司会(河田)
 それでは今日の午前中のセッションの最後になりますが、慶応大学の藤田祐幸さんにお願いします。藤田さんはチェルノブイリの被災地を何度も訪問して調査されています。また最近では日本の浜岡原子力発電所の労働者の被曝問題について、詳しい分析をされています。今日はそのお話になるかと思います。

藤田祐幸(日本)
 こんにちは、藤田でございます。まずはじめに、ここにチェルノブイリの汚染地図があります。これは私たちが現地を訪問して入手した資料で作成したものです。この地図はおそらく世界中でも、日本の市民運動だけが作成したものですが、海外の代表のみなさまにぜひさしあげたいと思います。チェルノブイリの現実を知るために、各国でこうした資料を利用していただきたいと思います。
 こういう場所に出てアジアのみなさんの前に立つということには、私にはいささかのためらいがあります。日本はかつてアジア諸国を侵略し、目を覆いたくなるような残虐行為を働き、そして極めて恥ずべき非人道的な行為をくり返してきました。しかしこの国の政府は、いまもなお過去の犯罪を認めようともせず、謝罪もしておりません。さらに現在、経済大国となったこの日本は、再びアジア諸国を経済的に支配し、自然環境を破壊し、そしてプルトニウムを過剰に備蓄することで、アジアに新たな緊張をもたらそうとしています。そのうえに、カンボジアに自衛隊を派遣し、さらに原発の輸出まで行なおうとしています。こういう問題を解決すべきなのは、本来、私たち日本の民衆の仕事でありまして、ここにお集まりのアジアのみなさまの仕事ではないと思います。そういう恥ずべき国の国民のひとりとして、アジアのみなさまの前に立つということにいささかのためらいがあるのです。
 いま、私たち日本の民衆がなさねばならない極めて多くのことを、私たち日本の民衆の力不足のためにいまだその責任を果たしていないことを、率直にみなさまの前に述べなければならないことを極めて残念に思います。そうしたうえで、国境を越えた地球市民のひとりとして、私の体験してきたいくつかの問題についての報告をさせていただきたいと思います。これからお話しすることは、この半世紀、人類が犯してきた過ちのひとつの結末であります。この過ちを、再びアジアのいろいろな国でくり返すことのないように、心から願って報告させていただきます。

続きは『核被爆の現状 原発労働者の被曝死 チェルノブイリ汚染の現状』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.