Skip to content


『福島第1原発:原発安全基準見直しに言及 経産相』 via 毎日jp

 海江田万里経済産業相は9日、東京電力福島第1原発の視察などのため、震災後初めて福島県に入り、県災害対策本部のある福島市の自治会館で、佐藤雄平知事と会談した。

 会談後、会見した海江田経産相は、佐藤知事から原発事故を一日も早く収束させるよう要望があったとし、「これ以上拡大させないよう必死の努力をしているが、一進一退の状況だ。早く安心してもらえるよう努力する」と話した。

 今後の原子力政策については、「今の段階でどうこう言えないが、現在稼働しているものもある。安全基準をかなり高いものに見直す必要がある」と話した。原発から20キロ圏内の住民の一時帰宅については「着の身着のままで出てきた人もいるので、一日も早く実現できるようにしたい」と意欲を示した。【藤野基文】

『福島第1原発:原発安全基準見直しに言及 経産相』

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.