Skip to content


『第二原発襲った津波、東電が写真を公開』 via YOMIURI ONLINE

 東京電力は9日、東日本大震災による津波で、大量の海水が流れ込む福島第二原子力発電所の写真を公開した。

 福島第一原発と同様、第二原発でも想定津波(海面からの高さ5・2メートル)を上回る6・5~14メートルの波が到達。海面から12メートル以上の高さにある原子炉建屋などの主要建物は深刻な被害を受けなかったが、冷却用の海水ポンプが故障した。

 その後、ポンプの交換や修理が進められ、3月15日朝までに1~4号機すべてで炉温が100度以下になる冷温停止状態になった。

(2011年4月10日01時44分 読売新聞)

写真は『第二原発襲った津波、東電が写真を公開』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.