Skip to content


『福島第1原発:汚染水対策、総動員 立て坑下に止水材』via 毎日jp

 東京電力福島第1原発2号機の電源トレンチ(横穴)のピット(立て坑)近くから海へ流出する高レベルの汚染水を止めるため、東電は5日、ピット下の「砕石層」と呼ばれる、厚さ約20センチの小石を敷き固めた基礎部分に止水材を注入する工事を始めた。東電は、同原発施設内にある低レベルの放射性汚染水の海への放出を続ける一方で、高レベル汚染水の海への垂れ流しは依然続き、一刻も早い対策が求められている。【山田大輔、平野光芳、酒造唯】

続きは『福島第1原発:汚染水対策、総動員 立て坑下に止水材』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.