Skip to content


『政府、30キロ圏の避難計画 福島原発事故拡大に備え』 via 北海道新聞

 政府は5日、福島第1原発から半径20~30キロの屋内退避区域を対象として、原発事故拡大に備えた住民の避難計画を整備する方針を決めた。最も多い約1万8千人が残る福島県南相馬市に関しては、近く政府が主導して避難計画をまとめ、市側へ提示する。ほかの市町村では、既に自治体が主体となり計画策定を進めている。

続きは『政府、30キロ圏の避難計画 福島原発事故拡大に備え』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.