Skip to content


原発労働者の危険な実態 via グリーン9条の会

被ばくした3人の労働者が、東電の関連業者の従業員であるということに言い様がない憤りを感じます。もちろん、東電の正社員であっても、絶対にあってはならない事故であることはいうまでもありません。ただ、この国には「原発ジプシー」という言葉があるように、危険な作業を下請け・孫請けの労働者に押しつけ、彼らの犠牲の上に安全神話が構築されてきたのです。

11年前、この危険性を告発した小説が発表されました。それをある新聞の書評で紹介しましたので転載します。

書評 藤林和子『原発の空の下』

91年10月、中部電力の原子力発電所で働いていた青年が白血病で亡くなった。両親が労災認定を求めていることを知った作者が、「1人でも多くの人が原発の危険について本当の事を知り、次世代のエネルギーについて共に考えあっていきたい」という思いからこの小説は書かれた。

続きは 原発労働者の危険な実態

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.