Skip to content


『枝野長官「大変、深刻」、プルトニウム検出…福島第1原発事故』 via スポーツ報知

 東日本大震災による東京電力福島第1原発の事故で、原発敷地内土壌から、半減期が長く毒性の強い放射性物質プルトニウムが検出されたことについて、枝野幸男官房長官は29日の会見で「大変深刻な事態」と述べた。プルトニウムの検出は、核燃料の損傷が激しく進んだことを示すもので、原発の危機的状況があらためて浮き彫りに。各号機のタービン建屋地下にたまった高放射線量の水の排水作業も進まず、注水との板挟みもあって、“悪循環”に陥りつつある。

続きは『枝野長官「大変、深刻」、プルトニウム検出…福島第1原発事故』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.