Skip to content


『島根・上関原発の今後 「安全」の抜本見直しを – 社説』 via 中国新聞

 深刻な事態が続く東京電力福島第1原発の事故。強い毒性を持つプルトニウムが検出されるなど放射能漏れに歯止めがかからない。

 事故は全国の原発を抱える自治体に大きな衝撃をもたらした。

 中国地方では稼働、増設中の島根原発(松江市)に加え、上関原発(山口県上関町)の新設計画が進む。地元に不安や反発の声が広がりつつあるのは当然だろう。

 しかし中国電力の山下隆社長はおとといの記者会見で「(原発の)建設計画を進める方針に変わりはない」と述べた。

続きは『島根・上関原発の今後 「安全」の抜本見直しを – 社説』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.