Skip to content


『福島第一原発40周年迎える 海水に濃い放射能はどこから?』 via 法と経済のジャーナル Asahi Judiciary

 東京電力福島第一原子力発電所は、建屋を破壊され、外界に放射性物質を放出する異常な事態に陥っている。3月26日、東京電力は事態にどう対処したのか。東京都千代田区内幸町の東京電力本店から報告する。

 ■海水から高濃度の放射能
 ■放射能汚水の来し方と行く末
 □地下の汚水と海水の汚染
 □タービン建屋地下の汚水の出所
 □タービン建屋の汚水の処理
 □事態収束の見通し
 □営業運転開始40周年
 ■最後に荒れた記者会見

全文は『福島第一原発40周年迎える 海水に濃い放射能はどこから?』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

Continuing the Discussion



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.