Skip to content


『福島で保健師が足りない…他県、原発恐れ派遣ためらう』

 福島県が保健師不足にあえいでいる。他県の自治体から派遣されているのは、宮城県の233人、岩手県の121人に対し、福島県は8人だけ。原発事故の影響が測りきれず、自治体側が派遣をためらうためだ。厚生労働省は福島県への派遣人数を増やすことを決め、29日、同省技官の保健師4人を送り込んだ。

続きは『福島で保健師が足りない…他県、原発恐れ派遣ためらう』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.