Skip to content


『2号機、建屋外にも汚染水 燃料棒に深刻な損傷か』 via 日本経済新聞

 東京電力は28日、福島第1原子力発電所2号機のタービン建屋の外の坑道(トレンチ)で、高い放射線量を計測したと発表した。毎時1000ミリシーベルト以上だという。汚染水はタービン建屋地下にもあるが、放射線管理区域外の屋外で見つかったのは初めて。原子炉内の燃料棒に深刻な損傷が生じた結果とみられる。被曝(ひばく)の危険があるため冷却装置の復旧作業が一層難しくなるほか、環境への影響にも懸念が出ている。

続きは『2号機、建屋外にも汚染水 燃料棒に深刻な損傷か』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.