Skip to content


『「想定超え」津波は考慮せず=原発耐震指針の委員長―被害経験なく「責任痛感」』 via Yahoo! ニュース(時事通信)

 津波被害によって深刻な状況が続く東京電力福島第1原発について、国の原子力安全委員会の耐震設計特別委員長を務める入倉孝次郎京都大名誉教授(強震動地震学)が27日までに取材に応じ、「想定超えは常にあり得るという設計思想が、津波に対しては浸透していなかった。責任を痛感している」と語った。

続きは『「想定超え」津波は考慮せず=原発耐震指針の委員長―被害経験なく「責任痛感」』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.