Skip to content


『東日本大震災:福島第1原発事故 川俣などで子供被ばく調査、健康に影響なし』 via 毎日jp

 国の原子力災害現地対策本部は25日、川俣町などに住む子供の甲状腺の被ばく量測定結果を発表した。通常より高い値が検出されたが、いずれも国の原子力安全委員会が定めた基準値を下回り、健康に影響がないという。

 放射性ヨウ素は甲状腺にたまる性質があり、がんの原因になるとされる。同町内2カ所で24日、周辺住民や南相馬市などからの避難者ら1~15歳の66人を検査。専用の検出器をのどに向け、甲状腺から出る放射線量を測定した。

 最大値は川俣町の12歳男児で1時間当たり0・24マイクロシーベルト。通常はほぼゼロだが、原子力安全委は同2マイクロシーベルト程度まで問題ないとしている。放射性ヨウ素の放射線は8日間で半減する。放射線が甲状腺から消えるまでに計6~7ミリシーベルトの放射線を受ける可能性があるという。【関雄輔】

『東日本大震災:福島第1原発事故 川俣などで子供被ばく調査、健康に影響なし』

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.