Skip to content


『東京新聞:2号機地下でも高濃度放射線量 タービン建屋のたまり水』 via 東京新聞

 東日本大震災による福島第1原発事故で経済産業省原子力安全・保安院は27日、2号機のタービン建屋地下でたまっていた水は、表面の放射線量が毎時千ミリシーベルト以上だったとの分析結果を明らかにした。24日に作業員3人が被ばくした3号機の同400ミリシーベルトに比べても高い。
 東京電力によると、線量が高すぎるため測定を途中でやめており、線量はもっと高い可能性がある。

続きは『東京新聞:2号機地下でも高濃度放射線量 タービン建屋のたまり水』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.