Skip to content


渋谷アップリンクで鎌仲ひとみ監督特集 – 3作品緊急上映 4/3-4/25

『鎌仲ひとみ監督特集』が4/3(日)~4/15(金)、渋谷のアップリンクで開催されます。

上映作品は『六ヶ所村ラプソディー』、『六ヶ所村通信no.4』、『ヒバクシャ~世界の終わりに~』の3つです。

以下は、同サイトに掲載された鎌仲監督のメッセージです。

311以後を生きる

福島原発の事故によってすでに膨大な放射性物質が環境に放出されてしまった。
放射性物質は自然循環に入り込み、私たちの元へとやってきた。
「ヒバクシャー世界の終わり」で私はヒロシマ・ナガサキ以降にうまれた新しい「ヒバクシャ」にイラクで出会った。
石油争奪戦争に打ち込まれた原子力産業のごみから作られた劣化ウラン弾がイラクの子供たちから命を奪っていた。
遠いイラクで起きていることと私たちが日本で毎日電気を使う生活がつながっていることをあまりにも多く人々が知らなかった。
原子力発電に頼ることの内実、意味を「六ヶ所村ラプソディー」で問いかけた。
原発の正体、放射能汚染の危機を知ってもらいたかった。
そして、「ミツバチの羽音と地球の回転」で原発から足を抜く希望を描いた。
希望へと至る道程には絶望が埋め込まれている。そこを経ることなくして希望を手にすることはない。
二本の映画を観て311以降に生きることの意味を見出していただきたい。
そして考えていただきたい私たちはこれから何をするのかを。

メッセージ:鎌仲ひとみ

スケジュール、会場等の詳細は『鎌仲ひとみ監督特集』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.