Skip to content


『福島第1原発:被ばく2作業員搬送 やけどの症状』 via 毎日jp

 東京電力は24日、東日本大震災で被災した福島第1原発3号機のタービン建屋で作業していた3人が40~50分の作業で170ミリシーベルト以上の被ばくをしたと発表した。このうち2人の両足の皮膚に放射性物質が付着していたため、福島市の病院に搬送された。千葉市の放射線医学総合研究所に転院する。3人は全身の状態は良好だが、他の建屋での同様の作業も中断した。安全管理が問われそうだ。

続きは『福島第1原発:被ばく2作業員搬送 やけどの症状』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.