Skip to content


『福島第1原発、3つの可能性 冷却システムが左右』 via 日本経済新聞

 東京電力福島第1原子力発電所では外部電源を使う準備が整い、原子炉内の燃料の過熱が懸念される1~3号機で外部電力を使った冷却作業が始まる。原子炉を安全な状態にどう持っていけるか、想定されるシナリオを検証する。

【ケース1】炉心損傷したが危機は回避
【ケース2】冷却機能が回復し冷温停止
【ケース3】容器破損で放射性物質放出

続きは『福島第1原発、3つの可能性 冷却システムが左右』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.