Skip to content


『反原発! FROM ドイツ』『SOLIDARITY NOT CHARITY(慈善ではなく連帯を)』

しっかりしなきゃと思うけど、日本の現状を見て、ポジティヴに考えることはとても難しいです…。
ともかく、こちらドイツでは、原発に関しての議論が拡大しています。

日本の福島原発の事故を受け、ドイツの450以上の場所で、それぞれ自発的に組織されたデモや集会が、左派の活動家だけではなく多様な人が参加するかたちで開かれました。

続きは『反原発! FROM ドイツ』から。

おとといの金曜日、ちょうど友人が仙台に救援物資を送ろうとしていたので、便乗させてもらった。送り先は、「NPO法人 仙台夜まわりグループ」。普段はホームレス支援活動をしていて、現在は仙台市内で、東北関東大震災の被災者向けの炊き出しを連日行っているグループ。保存がきく缶詰や麺類などなどを、30cm四方の段ボールに詰め込んで、佐川急便の局留めで発送(くわしい発送方法ついてはこちらを)。現地の人たちの空腹を和らげるのに役立てばうれしいし、救援物資を送ることは自分にとっても、津波や地震による凄まじい被害を見るたびに湧いてくる、「どうしよう、どうしよう」という、わさわさした気持ちを、少しは鎮めることに役立った。

「Solidarity not Charity(慈善ではなく連帯を)」。

続きは『SOLIDARITY NOT CHARITY(慈善ではなく連帯を)』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.