Skip to content


『福島第1原発:英雄でも何でもない…交代で懸命の復旧作業』 via 毎日jp

 東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発では東電だけでなく原子炉メーカーや下請け企業の作業員らも懸命に復旧作業を続けている。水素爆発や構内火災で一時は約50人にまで減った作業員を、一部の海外メディアには「フクシマ・フィフティーズ」と英雄視した報道もあるが、実際は多くの作業員が交代で危機回避に取り組んでいる。近く現場に入るという下請け会社の30代の男性社員が毎日新聞の取材に応じ「不安はあるが、少しでも(事態の)沈静化に協力したい」と話した。【袴田貴行、日下部聡】

続きは『福島第1原発:英雄でも何でもない…交代で懸命の復旧作業』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


2 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yamtom says

    「これからもこの仕事で食べていきたいという気持ち。断ったら後々の立場が悪くなるというか。」という作業員の方の言葉がこの記事のすべてというか、そこにものすごく重いものを感じます。

  2. Yuki Miyamoto says

    本当ですね。下請けの人、なんて得に。女性は志願しているんでしょうか?それとも、女性はダメとかいう基準があるんでしょうか?以前読んだ福竜丸の時の事故で実は、男性の生殖機能の方が放射能のダメージを受けやすい、と読んだことがあります。医学知識にない私には正誤の判断はつきかねますが、将来子供を産む予定のある女性はダメ、とかそういう空気はあるんでしょうか。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.