Skip to content


『「命の値段」に「祈る」前に行動しよう』 via Spiders’ Nest :: フリーター全般労働組合

原発労働者、特に危険な作業に従事させられる労働者がどのような人々であるのかに思いを馳せたことはありますか?

首都圏内で恐怖に怯えつつ室内に留まることは自衛として当然至極なことでありましょう。

しかし、少なくともわたしたちは今いる場所から逃げることができます。

正確に言えば「逃げる」という選択肢を享受できる立場にあります。

まどろっこしいので端的に述べます。

現在原発の災害復帰に従事している作業員は「逃げる」という選択肢すら奪われています。

少なくとも現段階で現場作業に従事するということは、爆発による即死というリスクがかなり高いのはいうまでもなく、

高濃度の放射線に曝された故に発症するであろう被爆症状は、

続きは『「命の値段」に「祈る」前に行動しよう』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.